薄毛に悩む男性は自業自得だとも言える?

仕事の都合により長年住み慣れた土地を離れました。その頃から不摂生となり、生活のリズムが崩れて薄毛が気になり始めました。引っ越して3年目、大阪市民になってはじめて育毛のために生活習慣に気を付けようとかんがえはじめました。
 
男性にしても女性にしても、薄毛対策には規則正しい生活だと思っています。自分自身が薄毛になってきてから思うのですが、やっぱり不規則な生活をしている人間は、薄毛傾向にあるように感じます。ハゲは遺伝的なものが強いような気がするのですが、薄毛はそうではないのではないかと。
 
薄毛は遺伝子的なものではなくて、環境的なものが大きいように思います。
不規則な生活をしていたり、野菜を取らずに油ものばかり食べているなど食生活の偏りなどによって、身体自体がストレスを感じて、薄毛になっていくという印象です。実際に私の職場の男性たちが、このタイプのなかにカテゴライズされていると感じているのです。
 
「寝ない」ことで、髪の毛をやせこけさせることにつながっている気がします。そしてだんだんハゲていくのでしょう。私自身もそう感じていますから。薄毛の男性が悪いとは言いませんけれど、しかし薄毛になるのは自業自得的なところもあって、努力のしようもあると思うんですよね。ですから薄毛に悩んでいる男性はぜひ頑張ってもらいたいものです。